植物DNA同定検査

ご依頼書ダウンロード

植物DNA同定検査

不明な植物のDNAを分析し、「種」を明らかにします。

遺伝子検査により、植物の種を同定

  • 検査可能形態:植物

検査の特徴

森林point1

基準となる植物種DNAデータベースには、現在11万3000種が登録されています。したがって主要な植物であれば、登録されたDNAと比較することにより同定することが可能です。また、登録がない場合であっても、目・科レベルの同定が可能です。

point2

長年蓄積した検査ノウハウにより、植物からの同定確率は70%〜80%と比較的高く、検体の状態が新鮮であれば、木片などの従来同定が困難とされてきた検体も同定に至る可能性があります。検体のDNA配列とデータベースに登録されている種の比較を行い、同定結果・所見・系統解析についてご報告いたします。

英文報告書の発行も可能です。(追加料金:5,000円/部)

point3

果樹の品種判別や指定領域の解析など、お客様のご要望に応じた個別対応も行っています。

point4

弊社では、植物の形態や予測される種類に応じて、複数のDNA配列で確認を行います。これにより、あるDNA配列ではデータベースに登録がない場合でも、別のDNA配列で照合することが出来る可能性があるため、より精度の高い検査を実施することが出来ます。

例:バレリアナ・ディオイカ(Valeriana dioica)の同定結果
ある特定のDNA配列では、データベースに登録がなかったため、同定結果がカノコソウ属の一種(Valeriana sp.k)に留まることが推測された。そこで、別のDNA配列も調べたところ、バレリアナ・ディオイカ(Valeriana dioica)と100%一致したため、種レベルでの報告が可能となった。

【A領域】 【B領域】
1. Valeriana・・・(99%) Valeriana dioica(100%)  ←他の領域では登録なし
2. Valeriana・・・(99%) Valeriana sitchensis(99%)
3. Valeriana・・・(99%) Valeriana capensis(99%)
4. Valeriana・・・(99%) Valeriana supine(99%)
5. Valeriana・・・(99%) Valeriana jatamansi(99%)

同定可能な確率

過去の実績を基に、どの程度の確率で同定が可能であったかを示します。

生物の分類別に見た同定の確率/検体の形態別に見た同定の確率

:90%〜の確率で同定可能
:70%〜80%の確率で同定可能
:〜60%の確率で同定可能

当社では独自の技術開発により、これまでDNAの抽出が困難とされてきた木片、鳥の羽、骨につきましても、同定の可能性が高くなりました。検体の状態がより新鮮であるほど、同定に至る可能性があります。

事例紹介

case1 高級食材や健康食品・医薬品原材料の真正性確認

  • 例1:生薬原料として仕入れたものが本当にトウキか調べたい。
  • 例2:健康食品用の素材として仕入れた粉末がブドウ由来か調べたい。

case2 輸出・輸入原材料の表示確認

  • 例1:海外から輸入したものがパクチーで間違いないか確認したい。
  • 例2:種子の輸出のため表示と間違いないことをDNAで証明したい。

case3 目視では判別が難しい種の確認

  • 例1:食品の原料として用いる植物の粉末についてオオムギであることを確認したい。
  • 例2:植物の根が原料で使用しているどの野菜由来かを調べたい。

case4 複数試料が同一であることの確認

  • 例1:植物の葉と手元にあるクマザサのDNAを比較して、同じ種かどうかを調べたい。
  • 例2:お申し出品と自社で使用している原料を比較検査したい。

検査方法/報告内容

  • 検査方法:塩基配列決定法
  • 使用データベース:国際的にDNA配列データを収集・提供するデータバンクである、DDBJ(日本)、NCBI(アメリカ)、ENA / EBI(欧州)に登録されているデータおよび自社で収集したデータを元に解析を行っています。
  • 報告内容:試料写真、同定結果、所見(弊社に情報がある場合のみ)、近縁上位5種との同一性(%)

報告書見本を掲載

このページは、ビジョンバイオの植物DNA同定検査のページです。
不明な植物のDNAを分析し、「種」を明らかにします。