アニマルフリー食品検査

ご依頼書ダウンロード

アニマルフリー食品検査

ヴィーガン食品などの動物性原料不使用の食品について、動物由来DNAおよび、乳、卵の使用や混入の有無をご報告します。

海外市場開拓応援キャンペーン ~複数サービス同時依頼で特別価格を適用~

以下検査サービスの中から2つ以上を同時にご依頼いただく場合、定価より10%引きにて対応いたしております。海外向け製品の品質管理や表示確認にお役立てください。

対象検査サービス:
  ①肉種DNA判別検査 豚由来DNA検査
  ②食物アレルギー(アレルゲン)検査 海外品目
  ③グルテンフリー確認検査
  ④アニマルフリー食品検査
  ⑤食品ヒスタミン検査

適用期間:2021年11月30日弊社到着分まで

各検査サービスの詳細については、上記サービス名称部分をクリックしご確認ください。

動物由来のDNAおよび、乳、卵の有無を報告

  • 検査可能形態:食品

検査の特徴

野菜近年、健康や環境へ配慮した生活のために、菜食主義を実行する動きが世界中で見られています。動物肉や魚を食べないベジタリアン、乳製品や卵なども食べないヴィーガンなどその分類はいくつかありますが、菜食主義者はこれからも年々増加すると予測されています。それに伴い、動物性原料不使用のヴィーガン食品の需要も大きくなってきています。当社では、動物(哺乳類・鳥類・魚類など)の肉が材料として使用されていないか、卵および乳が使用されていないか、についてまとめて検査するアニマルフリー食品検査サービスをご用意いたしました。

point1

PCR検査では、動物(哺乳類・鳥類・魚類など)由来のDNAが含まれていないかどうかを検査いたします。幅広い動物種を検知するため、畜肉・魚肉をはじめとする動物由来原材料の混入を検査することができます。

point2

DNAの存在が極めて微量な乳と卵については、ELISAを用いて個別にご報告いたします。使用キット数はお選びいただけます。

事例紹介

  • 例1:自社で製造した製品に、動物性の原料が含まれていないことを証明したい。
  • 例2:仕入れたヴィーガン食品の品質を確認したい。

検査方法について

ELISA法

卵、乳について、それぞれに特徴的なタンパク質を抗原 - 抗体反応により検出する方法です。

定量範囲は1〜20μg/g(検出対象総タンパク質濃度として)となります。
測定キット

  • モリナガ:FASPEKエライザⅡ
    卵キットは、卵白アルブミン測定用キットを使用します。
    乳キットは、α-カゼイン測定用キットを使用します。
  • 日本ハム:FASTKIT エライザ Ver.Ⅲシリーズ

偽陽性・偽陰性について

PCR法

動物全般に共通する特徴的な遺伝子を検出する方法です。

消費者庁次長通知「食品表示基準について」平成27年03月30日 消食表第139号 別添「アレルゲンを含む食品の検査方法」に記載の動物DNA検出用プライマー使用して動物に特徴的な遺伝子を検出します。

このページは、ビジョンバイオのアニマルフリー食品検査のページです。
ヴィーガン食品などの動物性原料不使用の食品について、動物由来DNAおよび、乳、卵の使用や混入の有無をご報告します。