微生物叢検査

ご依頼書ダウンロード

微生物叢検査

試料中に存在している全微生物をご報告いたします。

DNA網羅解析により、試料中に存在する全微生物及びそのDNA存在比をご報告

  • 検査可能形態:食品

検査の特徴

森林point1

次世代シーケンサーによるDNA網羅解析で、製品中に存在する全微生物を確認することができます。

point2

個々の微生物に由来するDNAを定量し、各微生物の存在比を推察する手掛かりとすることができます。

point3

長年蓄積した検査ノウハウにより、解析された膨大なDNAデータを集約、国際機関のDNAデータベースと参照し、信頼性の高い検査データをご提供いたします。

使用例

case1 製品開発や商品開発への応用

  • 例1:有用微生物の存在比に着目し、新製品に付加価値を持たせたい。
  • 例2:発酵条件を変えることによって、微生物叢がどのように変化するか調べたい。
  • 例3:微生物叢のデータを製品規格のデータとして持っておきたい。

case2 品質管理

  • 例1:醸造中の製品に品質異常が生じた。正常品と異常品の微生物叢を比較したい。

検査方法/報告内容

  • 検査方法:次世代シーケンサーを用いた塩基配列決定法
  • 使用機器:Illumina社製 Mi-seq
  • 使用データベース:国際的にDNA配列データを収集・提供するデータバンクであるNCBI/GenBankに登録されているデータ
  • 報告内容:検出された微生物およびそのDNA存在比

このページは、ビジョンバイオの微生物叢検査のページです。
試料中に存在している全微生物をご報告いたします。